TOP > 海外研修・ツアー > 医療者自身の癒し、心のケア ★終了いたしました。

医療者自身の癒し、心のケア ★終了いたしました。

〜豪州のセルフケア研修に学ぶ〜

【高宮有介先生からお誘いの言葉】
医療者として、患者さん・ご家族の苦悩に向きあい、心のケアに携わることはやりがいを感じますが、一方で、自分自身の心の疲弊を招くことがあります。海外では、そうした心の疲弊を防ぐために、医療者自身が自分を知り、セルフマネジメントをするシステムを、早くから取り入れてきました。豪州、メルボルンのモナシュ大学でも、医療者向けのプログラムがあり、日常の場から離れたリトリートの場を設けています。

今回、モナシュ大学のCraig Hassed先生を講師とし、メルボルンの郊外で、リトリート合宿を実施いたします。研修場所は、施設内を野生のカンガルーが飛び跳ねる自然豊かなところです。施設内の菜園で採れた野菜と果物のみを使った食事も健康的です。夜は地元名産のヤラ・バレーのワインを嗜み、アロマセラピーで癒されます。2泊3日のリトリート後は、フィリップ島のペンギンのパレードを見学に行く予定です。2ヶ所の有名なホスピスの見学も行います。学びと共に、癒しとなる旅をご一緒しませんか。

同行解説

高宮 有介 先生(昭和大学医学部 専任講師)/【同行通訳】土屋静馬先生(昭和大学横浜市北部病院 講師)

研修時期

2016年2月17日(水)〜2月24日(水)8日間

訪問先

オーストラリア/メルボルン、ヤラ・バレー

旅行代金

1名様 544,000円(エコノミークラス・2名1室料金)

募集人員

20名様(最少催行人員・15名様)

募集締切日

2015年12月14日(月)

研修内容

●The Gawler Foundation(リトリート研修センター)
  Craig Hassed先生による講義とワーク(2泊3日食事付)
 「医療者自身の心のケア 〜ストレスマネジメント、セルフケア〜」
 「マインドフルネスの基礎と実践」

●Calvary Health Care Bethleham(カルバリー・ヘルスケア・ベツレヘム)
 「視察見学と在宅ネットワークについて」

●Caritas Chiristi Hospice(カリタス・クリスティ・ホスピス)
 「視察見学と在宅ネットワークについて」

ほか、メルボルン市内観光、フィリップ島のペンギンパレード見学、アロマセラピーの体験(オプション)も予定しております。
内容の詳細・参加申込書(PDF)のダウンロードは下記のボタンよりお願いします。 プログラム(PDF)
INDEX
海外研修・ツアー
オーダーメイドツアー
参加者の声
リバティ・インターナショナルとは
リバティ・インターナショナル 事業概要
リバティ・インターナショナル 沿革
リバティ・インターナショナル 個人情報保護方針