TOP > 海外研修・ツアー > 第 18 回 英国緩和ケア視察研修

第 18 回 英国緩和ケア視察研修

〜包括的緩和ケアシステムを学ぶ〜

★★★ グローバルな視点で異文化体験に触れ、緩和ケアの世界へ! ★★★
クリスマスシーズンを利用して9日間、ホスピスムーブメントの発祥の地イギリスを訪ねる企画です。
ホスピスからコミュニティ・病院へと広がる緩和ケアサービスに触れながら、現地の医療関係者との交流を深め、ホスピス・緩和ケアのケアリングマインドを学んでいただく旅です。

同行解説

阿部まゆみ先生(名古屋大学大学院 医学系研究科看護学専攻 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン 特任准教授)

研修時期

2016年12月4日(日)〜12月12日(月)9日間

訪問先

英国/ブリストル・ロンドン

旅行代金

2016年7月発表予定

募集人員

20名様(最少催行人員・15名様)

募集締切日

2016年10月14日(金)

研修内容

【視察先】(予定)
○ドロシーハウス.・ホスピス視察
地方都市郊外の地域におけるシームレスな緩和ケア支援体制を学びます。

○ペニー・ブローン・キャンサーケア視察
がんと共に歩む人々への心身を癒す統合医療“ブリストルアプローチ”を学びます。

○キングス・カレッジ視察
英国で広がる終末期がん患者のためのパス“POS”“C-CHANGE”“STAS”評価ツールについて学びます。

○ルイシャム ホスピタル視察

○聖クリストファーホスピス視察(予定)
シシリーソンダース先生創設のモダンホスピス運動の発祥の地を訪ねます。
内容の詳細・参加申込書(PDF)のダウンロードは下記のボタンよりお願いします。 プログラム(PDF)
INDEX
海外研修・ツアー
オーダーメイドツアー
参加者の声
リバティ・インターナショナルとは
リバティ・インターナショナル 事業概要
リバティ・インターナショナル 沿革
リバティ・インターナショナル 個人情報保護方針