MEWW 国際教育

eventセミナー・ツアー情報

治療教育を国内セミナーや海外研修・ツアーで推進している国際教育のセミナー・ツアーをご案内します。

国際教育 > セミナー・ツアー情報 > デーケン先生と行く英国ホスピス視察研修2014

デーケン先生と行く英国ホスピス視察研修2014

海外ツアー終了

日本のホスピスは少しずつ発展を遂げ、現在緩和ケア病棟を含め、300施設に近づく程になりました。しかしながら、がん患者のほんの一部の人々しかホスピでケアを受けられないのが現状です。今後医療発展ためには、在宅ケアの在り方を考える必要がありましょう。 今回は近代ホスピ発祥の地、英国にて幅広く、奥深くエンド・ オブ・ライフケアについて学びを深める予定です。


ツアー概要

同行解説 アルフォンス・デーケン先生(上智大学名誉教授/東京・生と死を考える名誉会長)
研修時期 2014年9月6日(土)~9月14日(日)9日間
訪問先 英国/ロンドン、オックスフォード
旅行代金 539,000円 (2人部屋、エコノミークラス利用の場合)
※空港税、航空保険料、燃油サーチャージが別途必要です。
募集人員 25名(最少催行人数20名)
募集締切日 2014年07月24日(木)
研修内容 【視察先】
・St. Josephs Hospice
(1905年に設立された施設に始まる歴史、在宅介護を含め多岐に渡る介護サービスの概要、教育、コミュニティとの連携、ボランティアの役割、施設の紹介)

・Maggies London
(イギリス各地にネットワーク展開するマギーズの歴史や組織体系、支援および活動内容、ボランティア教育、コミュニティにおける役割、今後の展望などについて)

・Helen & Douglas House
(世界初の子供ホスピスとして開設され、その後に青少年の為の介護も開始された施設。創設者であるSister Frances Dominicaによる講義、子供へのケア、施設の見学)

・St. Johns HomeとSobell House
(高齢者用介護ホームとホスピスの見学、私営施設とNHS傘下の公的機関との相違を視察)

・St. Christophers Hospice
(シシリー・ソンダース女史が創設した最初の近代ホスピスとして世界に知られた施設にて、歴史や理念、スピリチュアル、スタッフ教育、緩和ケアの実際、コミュニティにおける役割、今後の展望を視察)

・Nightingale House
(住居型ケアホームの提供サービス、スタッフ業務、他の組織や機関との連携、施設の見学)

・Mary Curie Hospice Hampstead
(歴史や理念、運営方針、提供ケアの特徴、GPらとの連携、在宅での終末期ケアに携わるナースの活動と役割、Cancer Careとの関係)

【講義】
・Dr. Colin ParkesとCruse Bereavement Care担当者による講義
(英国におけるグリーフケアの取り組みや現状、ボランティア主体で提供されるブリーブメントケアや組織運営について)

ほか、ロンドン半日観光も予定しております。