MEWW 国際教育

eventセミナー・ツアー情報

治療教育を国内セミナーや海外研修・ツアーで推進している国際教育のセミナー・ツアーをご案内します。

国際教育 > セミナー・ツアー情報 > 第144回国治研セミナー

第144回国治研セミナー

国内セミナー終了

全体構造法による失語症リハビリテーション

お誘いのご挨拶

言語の学習は、土台から段階的に全体的に構築していく、ということが多くの人間科学研究からわかってきています。 言葉を失ってしまった人間が再び、それを再習得していく場合も同様であると考えられます。 この観点が、全体構造法の基本です。 すなわち、常に一人の人間の言語再学習過程として、どの段階のどの要素をどの順番で知覚(習得)していくのかということに目を向けていきます。 

「全体構造法(JIST)」というと、ある種のテクニックと受け取られるかもしれません。 しかし本法は、人間の脳にとって最も自然で最も効率的な言語構築方法を、知覚の構造化から探求してきた体系なのです。 決してHOW-TO 的な技法ではありません。
ですから他の訓練法を全面否定しているものでもありません。 本法の技法の一部は一見、他の方法と似ているものも当然あります。
全体構造法の特徴は、その技法が教えたり指導したりするためのものではなく、失語症者が自らの力で気づき構築していけるように援助するものということです。 失語症者ご自身に備わっている回復力こそ、治癒(言語再習得)の源泉であると考えるからです。

今回は、本理論に基づいた実際とともに、老人保健施設などのコミュニケーション問題への貢献の可能性も一緒に考えていければと思っています。

道関京子


日時・場所

2013年12月14日(土)・日本教育会館 8F 第一会議室


受講料

8,500円 ※「修了証」をご希望の方は500 円プラスとなります。
定員300名


講師

  • 道関 京子(新潟リハビリテーション大学医療学部リハビリテーション学科)
  • 吉田 正男(済生会明和病院リハビリテーション科)
  • 不破本 純子(藤枝平成記念病院 言語療法室)
  • 鈴木 勝(社団医療法人かなめ会 山内ホスピタルリハビリテーション科)
  • 坂井 敬三(藤枝平成記念病院併設 介護老人保健施設カリタスメンテ)

(敬称略)