MEWW 国際教育

eventセミナー・ツアー情報

治療教育を国内セミナーや海外研修・ツアーで推進している国際教育のセミナー・ツアーをご案内します。

国際教育 > セミナー・ツアー情報 > 第15回 英国緩和ケア視察研修

第15回 英国緩和ケア視察研修

海外ツアー終了

~包括的緩和ケアシステムを学ぶ~

がん患者らの心身の痛みを和らげ、残された日々をその人らしく過ごせるように支援する緩和ケア。日本でもこの考え方が広まってきました。患者さんが病気に押しつぶされず、自分らしく人生を全う出来るよう、支援するスタッフに専門知識と技術を身に付けていただくため、阿部先生がかつて勉強、就労された緩和ケアのシステムが進んでいる英国を訪ねます。本研修は毎年11月に行われていますが、ご好評につき2014年は3月も実施する予定です。


ツアー概要

同行解説 阿部 まゆみ 先生(名古屋大学大学院医学系研究科看護学専攻 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン特任准教授)
研修時期 2014年3月3日 ~ 3月10日 8日間
訪問先 英国/ブリストル・ロンドン
旅行代金 474,000円(エコノミークラス・2名1室利用)
募集人員 15 名様(最少催行人員13 名様) ※引続き、募集を受付ております。
募集締切日 2014年01月14日(火)
研修内容 ●ペニー・ブローン・キャンサー・ケア
 コンプリメンタリーセラピーと各種治療的セラピー
●ドロシー・ハウス(ホスピス)
 地域におけるホスピスとコミュニティーの包括的緩和医療体制
●マギーズ ロンドン
 がん患者やその家族、友人を支援
●聖クリストファー ホスピス
 モダンホスピス運動の発祥の地から学ぶホスピスマインド
●ルイシャム ホスピタル
 マクミランナース・緩和ケアチームの実際
●ナイチンゲール ミュージアム
 1891年にナイチンゲールが訪問看護を紹介