MEWW 国際教育

eventセミナー・ツアー情報

治療教育を国内セミナーや海外研修・ツアーで推進している国際教育のセミナー・ツアーをご案内します。

国際教育 > セミナー・ツアー情報 > 第167回国治研セミナー「嚥下障害~基礎・入門編~」

第167回国治研セミナー「嚥下障害~基礎・入門編~」

国内セミナー終了

内容詳細・申込書PDFファイル

セミナーの様子

参加者の声

  • 実際の臨床現場や症例をもとに説明されており分かりやすかった。
  • 呼吸管理のことを良く知りたいと思っていたので良かった。他各項目ともに大切なことを学べたと感じた。
  • (毎度のことですが)しっかり勉強して患者さんのQOLを上げるために、フィードバックできるようにしなければ…と再確認させられます。
  • 様々な立場の方から摂食嚥下に対してどのように関わっていくべきか、それぞれの立場でどのような考えを持って関わっているのかがわかってとても良かった。
  • PTさんやSTさんのお話を聞くことがなかなかなかったので、専門的な視点の違いを活かしていくというチーム医療と摂食嚥下はとても大切だと感じた。
  • 嚥下の概要だけでなく、理学療法、歯科、栄養面からのアプローチなど学べて良かった。
    • 「嚥下障害~基礎・入門編~」 2018 in Kobe

      お誘いのご挨拶

      世界でも類も見ないほど急速に超高齢化社会となった我が国において、高齢者の方の摂食嚥下障害リハビリテーションは、今やなくてはならない医療分野となっております。国治研セミナーが、この「嚥下障害~基礎・入門編」を開始してから、早くも12回目を迎えます。本セミナーでは、藤島先生並びに最高峰の学際的チームを構成する医師、看護師、言語聴覚士、理学療法士、歯科医師、歯科衛生士、管理栄養士と、様々な専門職の方々より実践に基づいた「ノウハウ」を伝授していただき、毎年、好評を博して開催してまいりました。2018年は初めて神戸での開催となります。
      例年どおり「基礎・入門編」ですが、中級、上級の方にも現場で即役に立つ講義内容となっておりますので、チーム医療の一環として、嚥下障害に携わる皆様にとって、最高の学びとなりますものと自信を持ってお勧めいたします。多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

       


      日時・場所

      2018年4月 21日(土) 9:50~17:00、22日(日) 9:00-16:00

      神戸国際会議場「国際会議室301」

      (アクセス)JR新神戸駅→(市営地下鉄約2分)→三宮駅→(ポートライナー約10分)→市民広場(コンベンションセンター)駅下車

      宿泊のご案内・申込書はこちら

      2018年嚥下障害セミナー宿泊ご案内&申込書

      お問合せ先:semi@iiet.co.jp


      受講料

      受講料:21,000円/2日間

      ◆早期割引◆ 2018年2月28日(水)迄にお申込み・ご入金20,000円 ※終了いたしました
      ◆団体割引◆ 2名様以上でお申込み20,000円

      ※修了証をご希望の場合は各受講料に500 円プラスとなります

      定員(240名)

       【定員に達しましたので申込みを締切とさせていただきます。何卒ご了承の程お願いいたします。多数のお申込みをありがとうございました】

        


      講師

      【第1日目】

      ・藤島 一郎 先生(浜松市リハビリテーション病院 病院長)
      ・大洞 佳代子 先生(近畿大学医学部付属病院リハビリテーション科 医師)
      ・森脇 元希 先生(聖隷三方原病院 言語聴覚士)
      ・北條 京子 先生(浜松市リハビリテーション病院 言語聴覚士)
      ・大曲 正樹 先生(聖隷三方原病院 理学療法士)

      【第2日目】

      ・糸田 昌隆 先生(大阪歯科大学附属病院 口腔リハビリテーション科 歯科医師)
      ・今田 智美 先生(京都第一赤十字病院 摂食嚥下障害看護 認定看護師)
      ・金沢 英哲 先生(浜松市リハビリテーション病院 医師)
      ・西岡 心大 先生(長崎リハビリテーション病院 管理栄養士)
      ・岡本 圭史 先生(浜松市リハビリテーション病院 言語聴覚士)