MEWW 国際教育

eventセミナー・ツアー情報

治療教育を国内セミナーや海外研修・ツアーで推進している国際教育のセミナー・ツアーをご案内します。

国際教育 > セミナー・ツアー情報 > 英国ディスレクシア視察研修2015

英国ディスレクシア視察研修2015

海外ツアー終了

読み書き困難への対応については、英国でおよそ30年前より先駆的に進められており、コード・オブ・プラクティス(法基盤)から教師および支援員育成など大変多岐に広がっています。本研修では、2016年4月から開始される『合理的配慮』も見据えて、発達障害で特に見落としがちなLD/ディスレクシアへの対応を学ぶとともに、インクルーシブ・スクールやディスレクシア専門校などの視察や多彩な講師陣によるレクチャーを通して、先進国英国におけるアセスメントや配慮の実情について肌で感じていただきます。本研修をご案内いただくのは、特定非営利活動法人EDGE会長の藤堂栄子先生と理事の館野智恵子先生です。ぜひ皆様多くのご参加をお待ちしております。


ツアー概要

同行解説 藤堂 栄子先生(特定非営利活動法人EDGE会長・一般社団法人JDDNET副理事長)
研修時期 2015年8月2日(日) ~ 8月9日(日) 8日間
訪問先 英国/ロンドン、オックスフォードまたはウィンザーなど
旅行代金 498,000円 (2名1室、エコノミークラス利用の場合)
募集人員 20名(最少催行人数13名)
募集締切日 2015年06月15日(月)
研修内容 〈講義〉
1)藤堂栄子先生、館野智恵子先生とランチミーティング
2)英国教育省または英国ディスレクシア協会の事務所訪問
(担当講師より、教育省または協会の取り組み、イギリスの法制度、『合法的配慮』に基づくディスレクシア対応、StatementとSchoolAction、ギフテッド教育などについて)
3)英国教育省または英国ディスレクシア協会の事務所訪問
(担当講師より、ESLやEFLなど英語を母国語に持たない方々のディスレクシア対応、ATおよびICT活用による教師や支援員の育成、教育グッドプラクティスの実例などについて)
 
〈視察〉
・オックスフォードまたはウィンザーにて名門私立中等学校視察
(パブリックスクール通常学級におけるディスレクシア対応の実際、学校職員や教師の取り組み、校内見学など)
 
・ロンドン市内にてディスレクシア専門校視察
(ディスレクシア専門校での指導要綱や教育プログラム概要、現状報告や実例紹介、今後に向けた課題と展望、校内見学など)