MEWW 国際教育

newsお知らせ

治療教育を国内セミナーや海外研修・ツアーで推進する国際教育の過去の情報です。

国際教育 > お知らせ

  • NEW★催行延期のお知らせ 第173回国治研セミナー「これからのケアを考える~北欧ケアを手がか...

    本年7月29日(日)に予定しておりました第173回国治研セミナー「これからのケアを考える~北欧ケアを手がかりに~」は、このたび諸事情により催行延期となりました。
    本セミナーにお申込みをいただいておりました皆様、参加のご検討をいただいておりました皆様には大変申し訳なく心よりお詫び申し上げます。また、準備にあたりご協力いただきましたご関係の方々にもまことに申し訳なく重ねてお詫び申し上げます。なにとぞご理解くださりご容赦いただけますようお願い申しあげます。
    今後の本セミナー開催日時は未定でございますが、次回企画が決まり次第、ご案内させていただたく存じます。
    今後ともどうぞよろしくお願い申しあげます。

  • NEW【第20回英国緩和ケア視察研修】参加者募集開始!

    今回で20回を迎える英国緩和ケア視察研修のお申し込みの受付を開始いたします。多くのご参加をお待ちしております(^_-)-☆

  • 【7/29(日)第173回国治研セミナー連動割引と紹介クーポンあり!旅行代金発表!】北欧...

    本年度の北欧研修旅行代金が479,000円に決定いたしました。また7/29(日)第173回国治研セミナーとの連動割引(10名様先着!)、セミナーおよび研修申込者紹介クーポン進呈(5組様先着!)のキャンペーンも実施中!詳しくはコチラまで。北欧研修パンフレットも近日完成いたします。

    7/29(日)セミナーも間もなくですが、まだまだ参加者受付中です!北欧研修およびセミナーとも、割引やクーポンをご利用の上、多くの皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております!

     

     

  • 第173回国治研セミナーのお知らせ「これからのケアを考える~北欧ケアを手がかりに~」

    高齢者ケアのスペシャリストで、当社企画の視察海外研修旅行の同行解説として何度も足を運び、北欧福祉事情に精通されている備酒伸彦先生による国内セミナーを企画いたしました。北欧ケアを手がかりに、これからの日本のケアについて考える貴重な内容です!

    ※残席ございます。2名以上でのご参加は割引がございます!お誘いあわせいただきご参加お待ちしております。

     

     

  • ★香港プラムヴィレッジ研修2019 リトリートの旅

    研修旅行代金がお得なアジア方面、香港行きのリトリート研修です!現在パンフレット希望受付中です(募集開始は9月下旬予定)。詳細はコチラまで。

    昭和大学医学部の高宮有介先生、土屋静馬先生ご指導の下、企画しました本研修は前回のメルボルンに続いて2回目となります。「マインドフルネス」を極め、心を清め、精神を磨き、心身をリフレッシュさせる、貴重なリトリート体験に出かけませんか?

    様々な職種から沢山のご応募をお待ちしております!

  • ★新セミナーのお知らせ★第174回国治研セミナー「就労支援セミナー」

    この度、新しく、4回連続の「就労支援~TTAPの活用を学ぶ~ 」を企画いたしました。「TTAP」とは、米国ノースカロライナTEACCH Autism Program で開発された自閉症に特化した学校や福祉施設から就労への移行アセスメントで、知的障害特別支援学校、就労移行支援事業所、就労継続支援事業所等に在籍する知的障害を伴う自閉症者にはもっとも有効なアセスメントです。講義と演習を交えた4回連続シリーズとなっております。詳細、お申込みは、こちらよりご参照ください。

     

     

     

     

  • ご参加ありがとうございました!第171回国治研セミナー「障害のある人の性と生の教育と支援...

    昨日6月24日(日)の本セミナーにご参加いただきました皆様ありがとうございました。分科会では皆様の日頃の様々な思いやお悩みなどを共有していただきありがとうございました。

    このたびのセミナーが皆様ののお力となりますますご活躍されますことを心より願っております。

     

     

     

  • 【デンマーク認知症支援視察研修】ご案内開始!

    浦上克哉先生ご同行によるヨーロッパ各国への認知症支援視察研修は、参加された皆様から大変ご好評いただいております。4回目となる今回は、充実した社会福祉制度のおかげで誰もが豊に幸せに暮らしている国、デンマークを訪れ、アルツハイマー協会をはじめ、自治体と連携して認知症の方や家族を支援する施設や国立認知症研究機関を訪問し、認知症の方やその家族を支える支援の在り方やデンマークの医療、介護、高齢者住宅政策にふれ、社会福祉制度についても学びを深めていただく研修内容を予定しています。また、オランダの認知症の村”ホフウェイ”に触発されて生まれた”スペンボー認知症の村“や、”オーゼンセハウス”のもととなった施設、Kallerupvejも訪問予定です。コペンハーゲンからオーゼンセへの移動途中には、デンマーク王や王女が眠るデンマークの世界遺産、ロスキレ大聖堂を訪れます。皆様のご参加を、心よりお待ちしてお待ちしております。

  • 【第20回英国緩和ケア視察研修】ご案内開始!

    阿部先生のご尽力と、皆様からのご愛顧により、今回で20回目を迎えます!クリスマスシーズン前の9日間、
    ホスピスムーブメントの発祥の地イギリスを訪ねます。ホスピスからコミュニティ・病院へと広がる緩和ケアサービスに触れながら、現地の医療関係者との交流を深め、ホスピス・緩和ケアのケアリングマインドを学んでいただく旅です。

  • 第170回国治研セミナー「TEACCH 自閉症支援の最先端」

    5月20日(日)に開催いたしました本セミナーはおかげ様で盛況に終了いたしました。ご参加いただきました皆様ありがとうございました。また、アンケートへのご協力をありがとうございました。皆様からの貴重なご意見を今後の参考にさせていただき、次回もまた新しいTEACCHセミナーを企画してまいります。

    開催にあたりご協力をいただきましたご関係の方々、講義に多大なご尽力いただきました講師の先生方に心より厚く御礼申し上げます。本セミナーで学ばれました皆様が日々のご活動に大いに役立てていただきますことを心より願っております。